唾は女性の体液のなかでもあまり抵抗なく飲んだりすることが出来ます。唾のみだったら、すぐにパートナーも見つかります。
そのまま唾フェチの領域に留まる男性もいれば、他の聖水など他の分泌物にも興味がわいてきてしまう男性も少なからずいる事でしょう。画像は「極上素人」 File:05より